わんわん家族

アメリカンコッカースパニエル「じゅん」と「なな」と家族の物語。

5月5日は、何の日!?

5月5日は、子供の日端午の節句

 f:id:wanwankazoku:20200505131925p:plain

 

≪もくじ≫

 

端午(たんご)の節句(せっく)」とは、何?

 f:id:wanwankazoku:20200505140329p:plain

日本の文化であり風習である「節句(せっく)」。

節句は、季節の節目となる日を示す言葉です。

日本では古くから、四季折々の季節の区切りや節目に、

 宮中では行事が行われていた。

天皇が貴族たちを集めて宴を行ってた日、

 これを節句と呼んだのだ。

かつては、天皇から「供」される宴から「節供」。

伝統的な年中行事を行う日として、

 大切にされてきました。

節句の習慣は宮中や武家だけで行われていまましたが、

 江戸時代に入ってから大衆文化が花開くと、

 一気に庶民たちも真似るようになりました。

 

節句には、一年の間にさまざまなものがありますが、

 江戸幕府がそのうちの5つを「五節句」と言い、

 公的な行事や休日として定めました。

1月7日の「人日(じんじつ)の節句」(七草の節句)。

3月3日の「上巳(じょうし)の節句」(桃の節句)。

7月7日の「七夕(しちせき)の節句」(七夕(たなばた)。

9月9日の「重陽(ちょうよう)の節句」(菊の節句)。

5月5日の「端午(たんご)の節句」(菖蒲の節句)。

五節句は明治時代になると廃止されましたが、

 現在でも年中行事としてしっかりと根づいています。

その端午の節句は、古代中国においては、

 月の初めの厄払い行事として生まれました。

古代の中国では、5月は物忌みの月とされており、

 そういう月の中で、5月5日という、

 5が重なる日付を重五(ちょうご)と呼び、

 災厄や病気を祓う日となっていました。

その邪気を祓うために、薬草として、

 独特の強い香りに魔よけの効果があるとされ、

 菖蒲を使用する行事も行われていた。

この端午の節句に菖蒲を使用する風習が日本に伝わり、

 平安時代宮中行事として端午の節会が行われます。

端午の節会では、香りの強い菖蒲を身に付けたり、

 菖蒲を丸く固めたものを飾ったりしました。

また、玄関口に飾る薬効のある植物の蓬(よもぎ)や、

 災厄を祓う力があるとして菖蒲(しょうぶ)を飾って、

 厄除けとする風習と交じり合って、

 日本での端午の節句の風習の原型ができた。

そして端午の節句はいつしか、

「菖蒲(しょうぶ)の節句」と呼ばれます。


どうして端午の節句が男の子の節句になったの?

 f:id:wanwankazoku:20200505141032p:plain

 

鎌倉時代以降の武士が力を持つ武家社会になると、

 何事にも勇ましさを求める時代になり、

 菖蒲(しょうぶ)に「尚武」「勝負」の読み方と、

 その意味まで重ねられ、そうなると当然に、

 武士たちが思いを預けたのは、自らの男児

息子が尚武し勝負に勝つように、菖蒲の節句に祈る。

そのために武家は鎧兜を飾ってこの日を祝したのだ。

その後、五月人形も好まれるようになっていった。

そして、こどもの日といえば『鯉のぼり』

 これも、鎧兜や五月人形ろ同じく、

 息子の立身出世のために鯉のぼりを立てるようになる。

これは中国の故事が由来といわれている。

黄河の上流にある、竜門という険しい滝を、

 鯉がさかのぼって見事に泳ぎあがる。

滝を登りきった鯉は、その勢いのまま天に昇り、龍となる。

 歴史書後漢書』の一節、「登竜門伝説」。

これに想いを得て、鯉は男子栄達の象徴と武士たちは考え、

 こぞって鯉のぼりを飾った。

端午の節句はこうして、男の子の節句ともなっていった。

男の赤ちゃんが生まれて、

 初めて迎えるお節句(五月五日の端午の節句)を、

 初節句(はつぜっく)といってお祝いします。

生まれたばかりの赤ちゃんが、

 丈夫で、たくましい男性に成長するようにとの、

 願いを込めて江戸時代から続いているお祝いをする行事。

節句に飾る五月人形は、

 お嫁さんの実家から贈るのが普通なのですが、現在は、

 可愛いお孫さんのために両家で折半することもあります。

五月人形は、前述のような意味があるのですから、

 おじいさんやおばあさんが心を込めて自ら選びたいもの。


忘れちゃいけない柏餅(かしわもち)。

 f:id:wanwankazoku:20200505141117p:plain

柏餅を包んでいるのはもちろん柏(かしわ)の葉。

柏は、昔から神聖な木とされており、

 ほかの木と同じように紅葉するのだが、

 このとき枯れた葉は落ちることなく冬を越す。

そして新しい芽が吹いてから、

 役目を終えたように古い葉が舞い散っていく。

そんな性質から柏は、

 「子供が生まれるまでは親が死なない」、

 「跡継ぎが生まれ育ち見守ることができる」

 縁起のいい樹となることから、

 すなわち「子孫繁栄」に結びつき、

 その葉でくるんだ餅は、

 端午の節句の縁起の良い食べ物となる。

この柏餅(かしわもち)の習慣は、

 江戸時代に関東で広がりましたが、

 関西では粽(ちまき)を食べる習慣が残っています。

しかしながら、わんわん家族住む香川では、

 関西でありながら、父ちゃんは子供の日は柏餅派。


「子どもの日」のこのようなさまざまな風習は、

 現代にまで脈々と受け継がれています

 

皆さんも5月5日の子供の日には、

 スーパーなどでも風呂用の菖蒲を売っています。

この菖蒲の香りの強い湯に浸かり、

 疲労回復や腰痛、神経痛、血行促進などの効能と共に、

 しっかりと災厄を祓っておかなきゃですね。

 

 

※記事を見て、気になった方は、
 もっと詳しくはネットで検索してみてくださいね。
 
 ここまで読んでいただき、ありがとうございました。