わんわん家族

アメリカンコッカースパニエル「じゅん」と「なな」と家族の物語。

びえぇーくしょん!!(花粉症)

 f:id:wanwankazoku:20200305214804p:plain

父ちゃんが、数年前にデビューしたスギ花粉アレルギー。

飛散は、2月~3月頃が最も多い時期です。

 

 f:id:wanwankazoku:20200305215001p:plain

父ちゃんの本日は、

 頭が重い、目がかゆい、鼻水が・・のどが・・。

なんだか今日は、めちゃくちゃしんどそうです。

仕事から帰ってきて、病院は開いてないから、

 ドラッグストアで、花粉症の薬買いました。

 

薬で少しでも楽になるといいね!父ちゃん!!

 

父ちゃんを悩ますスギ花粉は、

 飛散量が国内で最も多く飛散距離が長いので、

 このスギ花粉症持ちの人は、とても辛い時期です。

 

花粉が飛ぶ飛ばないは、湿度と関係が深いようで、

 湿度80%を超えるとほぼ花粉は飛散がないみたい。


湿度が関係しているということは、湿度100%の

 雨の日には、ほぼ花粉の飛散はないのかな。

 

しかし、雨の日には、花粉症の症状が楽やと思っても、

 止まない雨がないように、いつか晴れの日がきます。

 

雨の日には、花粉が遠くへ行かないことを、

 スギの木も知ってそうで、花粉を飛ばさず、

 それまでの空中に浮遊の花粉は、雨とともに、

 地面へと落ちて、ほとんど飛散はないです。

 

しかし、悪いことに・・・、

 スギ花粉は水分を吸うと粒子がどんどん巨大化し、

 翌日晴れたりすると破裂し、小さな粒子に変化、

 どっかーん☆と、通常の晴れの日以上に飛散です。

 

f:id:wanwankazoku:20200305215048p:plain

雨天の翌日の晴れた日は、

 雨で地上に落ちた花粉と、

 雨の日で膨張・破裂した多くの花粉と併せて、

 通常よりも飛散量が、かなり多くなります。

 

 f:id:wanwankazoku:20200305214922p:plain

雨の日の翌日が風の強い日など、

 花粉対策をしていないと症状が悪化するので、

 こんな日は、特に気をつけとかなですね。

 

本日の父ちゃんは、まさにこれです。

雨天後日の晴天に、強風で症状悪化したと思われます。

 

 

 ※記事を見て、気になった方は、
 もっと詳しくはネットで検索してみてくださいね。
 
 ここまで読んでいただき、ありがとうございました。