わんわん家族

アメリカンコッカースパニエル「じゅん」と「なな」と家族の物語。

持ち帰りで、お願いします!

 f:id:wanwankazoku:20200419183341p:plain

新型コロナウイルスの、

 全国拡大『緊急事態宣言』の影響なのかな?

 わんわん家族の住む香川県でも、

 『新型コロナウイルス拡大防止の為

  ~当面の間休業します。』って、

 休業を開始する飲食店もでてきました。

 

休業はしないけれど、

 お店の中での飲食の提供はしない、

 持ち帰り(テイクアウト)のみをする飲食店も。

 

 

 f:id:wanwankazoku:20200328193144p:plain

そんなで父ちゃんからの提案!!

 『今晩の晩御飯は持ち帰り注文します。』

こんな時だからこそ、できる限りの事で助け合う。

 って、それは飲食店で働く人だけじゃなく!

 その食材を丹精込めて作る人や販売する人、

 その食材をしっかりと時間通りに運ぶ人など、

 多くいろんな人の手でつながることで、

 この商品が目の前にあるんやで!!

 って、父ちゃん力説もありました。

 

f:id:wanwankazoku:20200328193029p:plain

で、今宵は焼き鳥屋さんで注文です。

 

焼き鳥屋さんへ持ち帰りを取り行った父ちゃん。

 

お店の従業員っぽい人は、

 シュッシュシュッシュ☆と、

 人が触れた後にはアルコール洗浄してたって。

 

『こんな時に注文ありがとうございます。

 ぎりぎりまでお店は続けるので、

 また、よかったらまた注文してください!』

 

って、お店の人から言われたみたいです。

 

なんだか色々と考えると切ないです。

 

父ちゃんが言うように、

 この焼き鳥屋さんが休業すると、

 ここで働く従業員や家族の生活が、

 そして食材の注文が止まれば、

 その生産者や運送業者やその家族に、

 つながる多くの人たちへの影響があります。

 

なんでこんな事になってるん?

 

神様かなんかが、なにかを試してるん?

 

ネットニュースで、

 千葉県のあるところでは、

 チューリップのイベントは中止したが、

 チューリップを見物しに、

 次々と人が集まったため、

 「咲かせておくの危険」苦渋の決断・・・

 密集避けるためチューリップ80万本を刈り取り。

 

 f:id:wanwankazoku:20200419192414p:plain

オラは、ぜってぇー許さねぇーぞぉー!!(孫悟空風)


なんで日々の移り行く生活の楽しみや、

 育ててきた人たちの苦労を踏みにじって!!

 このなんとも言えないもどかしさや怒り!!

 

でも今は、自分自身ができることをやること!!

 

不要不急の外出を控えること!!

それにより他人との接触を減らすこと!!

 

これでしか今は新型コロナウイルスは、終息できない!

 

 

以下、『緊急事態宣言』厚生労働省HPより

 

国民の皆様へ ~まん延を防止するために~

令和2年4月7日

 新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言。

緊急事態宣言は、

 罰則を伴う外出禁止の措置や都市間の交通の遮断等、

 国外で行われている「ロックダウン」(都市封鎖)

 のような施策ではありません。

医療機関への通院、食料・医薬品・

 生活必需品の買い出し、必要な職場への出勤、

 屋外での運動や散歩など、

 生活の維持のために必要な外出は、

 自粛の対象となりません。

不要不急の外出及び「三つの密」

 (①密閉空間(換気の悪い密閉空間である)、

  ②密集場所(多くの人が密集している)、

  ③密接場面(互いに手を伸ばしたら届く距離での、

   会話や発声が行われる))

  が重なる状況を避けるようにし、

  自己への感染を回避するとともに、

  他人に感染させないよう徹底しましょう。

日常生活や職場では、

 人混みや近距離での会話、

 多数の者が集まり室内において、

 大きな声を出すことや歌うこと、

 密接した状況で呼気が激しくなるような運動を、

 行うことを避けましょう。

食料品等の買い物は可能ですので、

 買い占めの必要はありません。

 冷静な対応をお願いします。

不要不急の帰省や旅行など、

 都道府県をまたいだ移動は控えましょう。

感染防止のためには、

 できる限り頻繁に、

 石けんを使って手洗いして下さい。

咳をする際には、

 咳エチケットにより飛沫を飛ばさないようにし、

 室内の換気にも気を付けて下さい。

 

 f:id:wanwankazoku:20200329193046p:plain

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。