わんわん家族

アメリカンコッカースパニエル「じゅん」と「なな」と家族の物語。

【わんこの疑問】 『ステロイド』って何なのだっ!?

◆『ステロイド』って、何なのさっ!?

 じゅんも処方されてたステロイドって、

 人間でもステロイドは続けないほうが良いとか、

 副作用が強いイメージ。

 じゅんに関しても使っている量はごく少量に抑えている。

 使い続けるのは、処方箋として動物病院で必要との判断を

 信じているからであり、本当に必要な処置かは正直わからない。

 インターネット検索や動物病院での問答を簡単にまとめました。

 

 

ステロイド』は人工薬なの?

 □副腎という臓器で作られるホルモン。

   処方される薬の大半は『副腎皮質ホルモン』

 

ステロイド』の効果

 □体内の炎症を抑える。

 □体に対し色々な指令を出す。

 □免疫反応を抑える。

 

ステロイド』を使う主な症状

 □皮膚炎や胃腸炎

 □心臓の病気

   水分の排出作用による心臓への負担軽減。

 □腫瘍の治療

 

ステロイド』の副作用 

 □クッシング症候群

 □肥満

   効率よくカロリーを摂取することからの肥満になる。

 □糖尿病

   食欲があり食べてるのに、痩せてくる。

 □副腎皮質機能の低下(長期の服用)

   副腎が投薬によるステロイドの外部供給によることからの供給低下。

 

ステロイド』を使えない病気

 □糖尿病

 □腎不全

 

ステロイド』服用による注意する症状

 □食欲が異常に増えた。

 □水を異常に飲み、おしっこが増えた。

 

まとめ

 

 じゅんも内臓の炎症抑制・心臓疾患から、

 最初は短期で服薬していたが、良くなる症状の変化がないことから、

 現状維持から少量長期の服薬を続けていた。

 また、副作用を疑うような症状を確認することがなかったが、

 それはただ無知であっただけかもしれない。

 ステロイドは有用な薬ではあると思うが、

 長期の服用に関しては動物病院に投薬の中止や減薬できないかを、

 度々相談していたが、『今が最も少なくしている。』とのことから、

 投薬を続け、じゅんの体調も問題なかった。

 しかし、糖尿病が発病し、ステロイドを中止し、

 中止した影響もまだ確認でいないし、

 ステロイドが直接的に関係は無いのかもしれないが、

 何か複雑な思いがある

 家族として、本当にその選択がよかったのかとか、

 セカンドオピニオン的に他の動物病院に行っていれば、

 違う治療法を提示されていたのではないかと思ったり、

 今はそのことを考えても、

 過去に戻って選択をやり直すことはできないが、

 これからできることがあるなら、じゅんに対し、

 変わらず精一杯のことをするだけだけど。

 

 

※素人のまとめなので、もっと詳しくはネットで検索お願いします。

 ここまで読んでいただき、ありがとうございました。