わんわん家族

アメリカンコッカースパニエル「じゅん」と「なな」と家族の物語。

【わんこの疑問】 『肉球』をペロペロ!?

 ◆肉球をずっとペロペロ。

 

 じゅんちゃんも肉球を舐めてたけど、

 最近のななちゃんは肉球ペロペロ

 少し移動しては、ペロペロ

 さすがにペロペロし過ぎでしょ!

 なにか原因病気の可能性!?

 病院で、マラセチア真菌の可能性が

 高いとのことからマラセブシャンプー

 を使用中なのに、ペロペロ

f:id:wanwankazoku:20190706210625j:plain 

 

  

肉球を舐めるとき

 ・毛や皮膚のお手入れ

  いつまでも行ってない場合は、普通のお手入れ。

 ・肉球のケガや足の裏に異物の存在

ケガをしているとき】

 お散歩で、小石ガラス片を踏んずけたり、

 肉球トゲが刺さって、痛みトゲ

 取り除こうとしている。

足裏異物があるとき】

 側に小石が溜まっている。

 炎症があるとき

  【アレルギー・皮膚炎

 アトピー性皮膚炎(花粉・ハウスダスト

 ご飯生活環境アレルギー性物質がある。

接触性皮膚炎】

 首輪などにある金属、服の繊維

 からの刺激による炎症

【ストレス発散】

 環境変化怒られた時退屈しのぎに、

 ストレスを緩和し、心を落ち着かせるため。

【体温が高い】

 犬の体温調整放出するほかに、

 唯一ある汗腺肉球からをかくことから、

 肉球湿気がこもり雑菌増殖して、

 炎症をおこす。

  

肉球の状態による観察。

 症状赤い

   アレルギー等が原因でない場合、

 『指間炎』の可能性。

 指間炎とは、舐めすぎから起きる病気

 かゆみや痛みが続き、ずっと舐め続け

 どんどん悪化する。

 マラセチア真菌といわれるカビが原因の

 場合は、抗真菌シャンプーを使う。

 膿皮症といわれる免疫力低下による

 ブドウ球菌の繁殖

 症状デキモノがある

   ・腫瘍(良性・悪性)

 ・良性ゆっくり徐々大きくなる。

  特に問題ない時は、多くは経過を見る。

  年をとると『イボ』ができやすくなる。

  しかし、歩く時の支障になる場合は、

  除去することも検討。

 ・悪性:特徴は、急激大きくなる。

  まずは、悪性かどうかの腫瘍の検査。

  放置すると多臓器への転移し、

  命に重大にかかわる可能性も。

 まず、デキモノがある場合は、

 検査行うのが良いと思います。

 症状がでている

   散歩中のケガなど、少なければ

 キズ周り清潔にし、雑菌入らないように

 していれば自然に止血され、治る場合が多い。

 が多い場合は、タオル等止血し、

 病院処置してもらうことをお勧めします。

 症状乾燥ひび割れささくれ立っている

   アスファルトやコンクリートの散歩が多い場合、

 肉球は乾燥し、カサカサになりやすくなり、

 硬い地面に肉球がすり減り、ささくれる。

 また。夏の散歩は熱い高温アスファルトを、

 裸足で歩いてるようなもので、ヤケドする。

 散歩後に、手足の水洗いウエットテッシュを使用し、

 過度なやり過ぎは、必要な皮脂まで洗い流している。

 散歩後は、乾燥タオル拭く程度に。

 

 ※ひび割れから雑菌が入る炎症にも注意が必要。

 

肉球お手入れ

 タオル乾拭きで拭いて、清潔にしておく。

   汚れがひどい場合や濡れタオルや、

 洗いした時には、指の間が濡れたままにせず

 しっかり乾かし雑菌の繁殖を予防する。

 過度なシャンプー洗いは、

 必要な皮脂洗い流すので、免疫低下に注意。

スキンケアグッズ

 日常的な使用でなく、必要な場合使用する。

 

肉球のまとめ

 肉球といえ特別にすごいものではなく、

 人間の皮膚とあんまり変わりがない。

 肉球をいつまでも舐めてる場合は、原因知り

 足裏をタオルなどでふき、濡れていない状態

 清潔に保つ等で治らない場合は病院へ。

 また、過剰なシャンプー等は必要な皮脂を奪い、

 免疫力を低下させる。

 

 ななちゃんはいつまんでも舐めるから、

 靴下やエリザベスカーラーで、

 強制的に舐めないようにしないといけないのかな。

 

 

 ※素人のまとめなので、

 もっと詳しくはネットで検索お願いします。

  

 ここまで読んでいただき、ありがとうございました。