わんわん家族

アメリカンコッカースパニエル「じゅん」と「なな」と家族の物語。

【わんこの日記】 じゅんちゃん永眠。そして・・・

◆じゅんちゃん永眠

 

令和元年6月10日(12才)

 

 

令和元年6月10日午前3時30分永眠

  深夜、容体が急変、突然のことでした。

 急に息が荒くなり、嘔吐しだした後に、

 家族見守る中引き取りました。

 家族は、止まらない涙と

 いったい何が起こったのかわからず、

 しばらくは、放心状態でした。

 

 家族初めてお別れ戸惑いました。

 どうしたらよいのか?

 この時の話は後日、別談に書き留めます。

 

 じゅんちゃんは、

 ペット葬祭『道後フォレストガーデン』にて、

 お見送り式個別火葬

 お拾骨返骨をお願いしました。

 その葬儀には、

 『手紙を書いてきてください。』とのことで、

 父ちゃんは、手紙を書きました。

 ずっとずっと泣きながら書いてました。 

 以下に、手紙を転記します。

 

■じゅんちゃんへの手紙

  じゅんちゃん。

 『ありがとう。』その言葉しか今は出ません。

 いつもいつもじゅんちゃんから、

 与えられるものばかり、

 一緒に過ごしたたくさんの時間と思い出。

 楽しい時には横でにっこり笑ってくれたね。

 時には、つらい時や苦しい時もあったけど、

 その時は、やっぱりじゅんちゃんが居てくれた。

 そばに来て、シッポをクルクル振り回しながら、

 つらいことや悲しいことを吹き飛ばしてくれた。

 そして、心をいつもほっこり暖かくしてくれた。

 『ありがとう。』じゅんちゃん。

 

 じゅんちゃん聞いていい?

 父ちゃんは、

 じゅんちゃんに何か与えてあげられたかな?

 間違いないのは、オヤツだけやね。

 家族の一員で良かったと思ってもらえてたのかな?

 でも、じゅんちゃん。今は信じてるよ。

 きっと良かったと思ってくれてた時の行動として、

 じゅんのヘソ天姿や笑顔、少しのお留守番でも、

 ドアを開けたその瞬間に、

 お迎えの喜びを全力で見せてくれた。

 家族に対する気持ちを素直に表現してくれてたと。

 でも、ここ1ケ月程はじゅんちゃん、

 本当につらかったね。

 体が思うように動かず、

 でもトイレはちゃんと頭をあげて

 わかるように合図をし、ベランダに連れてってと。

 最後まで家族に手をかけさせない行動だったの?

 しんどい時、走ってお迎えは来れなくなったけど、

 体をなんとか起こして、シッポをクルクル。

 

 最後の最後まで『ありがとう』。

 家族に対してほんとうに健気だったよ。

 

 でももう・・・、

 そのじゅんちゃんがいないと思うと悲しいです。

 

 じゅんちゃんが迎えてくれないなんて寂しいです。

 

 でも、じゅんの事だからきっとそばに居てくれて、

 目をつむると今も変わらず、

 笑顔でシッポを振り振り寄ってくる姿が、

 いつまでもいつまでもいつまでも。

 絶対に忘れないし、いつまでも家族の心の中に。

 それに、じゅんちゃんならきっと言ってるよね。

 悲しくなんかないよ。寂しくなんかないよ。って、

 家族の新しい物語が始まっただけだよ。って。

 

 たとえ見えなくて、触れなくても、

 心の中にはいつも居る家族じゅんちゃん。

 じゅんちゃん。

 これからも、どうぞずっとよろしくね。

 

 (以上、じゅんちゃんへの手紙)

 

 思い出の一部を連続で写真を張り付けます。

 

  じゅん姉ちゃんと妹ななちゃんはいつも一緒。

  f:id:wanwankazoku:20190612194402j:plain

         左側:じゅん  右側:なな

 f:id:wanwankazoku:20190612194316j:plain

   左側:なな  右側:じゅん

 f:id:wanwankazoku:20190612194421j:plain 

        左側:なな    右側:じゅん

 f:id:wanwankazoku:20190612194703j:plain

       上側:なな 下側:じゅん

 f:id:wanwankazoku:20190612194540j:plain

       左側:なな 右側:じゅん
 

 f:id:wanwankazoku:20190612194558j:plain

       左側:なな    右側:じゅん

 f:id:wanwankazoku:20190612194615j:plain

    上側:なな     下側:じゅん

 f:id:wanwankazoku:20190612194457j:plain

 食事中にテーブル下で、じっと見つめるじゅん

 f:id:wanwankazoku:20190612194442j:plain

 満面の笑みでおやつを求めるじゅん

 f:id:wanwankazoku:20190612202623j:plain

 母ちゃんと安心へそ天寝のじゅん

 f:id:wanwankazoku:20190612202836j:plain

 なんかかっこいいじゅん

 

 ありがとう。そして・・・これからもよろしくね。

 

■ペット葬祭『道後フォレストガーデン

 令和元年6月11日葬儀

 父ちゃんお見送り式の一つ一つのことに号泣し、

 まったくもって、式が進みません。

 でも、最後火葬場へのお見送りには、

 父ちゃん母ちゃん号泣

 その後は拾骨をし、骨壺に入ったじゅん帰宅

 お骨を拾う時には、なぜかななちゃんも、

 キューンって、お姉ちゃんとの別れを感じたかな。

 『道後フォレストガーデン』には、

 丁寧な説明進行をしていただき感謝です。

 

 じゅんとはいろいろと思い出深すぎて、

 必ずペットロスがあると思ってました。

 今も、ペットロスがないといえば嘘になります。

 今でも、油断をすると泣き出しそうになります。

 でも、それはじゅんちゃんは望んでないだろうし、

 家族じゅんちゃんを忘れることはありません

 葬儀をしたことよって気持ち整理が、

 早くできてることは本当感じています

 それに、優しいじゅんちゃんは家族を心配して、

 天国に行かずに、そばに居てくれてるはずです。

 心配をいつまでもかけたくありませんが、

 しばらくは、家族一緒でよろしくお願いします。

 ななちゃんは、なんだか少し落ち込み気味だから、

 じゅん姉ちゃんは、しばらくななを見守っててね。

 帰りの高速道では、骨壺をカタカタ☆と言わして、

 じゅんちゃんが喋ってるって家族で大爆笑したよ。

 じゅんちゃん!ドッキリいたずらしたんやろ。

 家族は、これからもしばらくずっと一緒だよ。

 じゅんちゃん。

 

関連HP:

dogo-forestgarden.com

  

道後フォレストガーデン』にて、

虹の橋』の話をいただきました。

 

■『虹の橋』

f:id:wanwankazoku:20190612232826j:plain

(以下、転記)

 

天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。

この地上にいる誰かと愛し合っていた動物は、死ぬとそこへ行くのです。

そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。

食べ物も水もたっぷりあって、お日さまはふりそそぎ、

みんな暖かくて幸せなのです。

 

病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、

傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、

元のからだを取り戻すのです。

・・・まるで過ぎた日の夢のように。

 

みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があるのです。

それは自分にとっての特別な誰さん、残してきてしまった誰かさんが

ここにいない寂しさのこと・・・

 

動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。

でも、ある日・・その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。

その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに震えはじめます。

 

突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。

速く、それは速く、飛ぶように。

あなたを見つけたのです。

あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。

そしてもう二度と離れたりはしないのです。

 

幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、

あなたの両手は愛する友を優しく愛撫します。

そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。

あなたの人生から長い間失われていたけれど、

その心からは一日も消えたことのなかったその瞳を。

 

それからあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです・・・。

 

(作者不詳) 

 

※素人のまとめなので、

 もっと詳しくはネットで検索お願いします。

 現在においては、情報に変更があるかもです。

 この話は、2019年6月の時の思い出のお話です。

 ※写真に関しては時期が色々です

 

 ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

【わんこと旅】 (6月)お散歩だっ!香川!

 ◆地元・香川を歩くっ!

 

 今日は令和元年6月8日です。

 お散歩です。地元・香川公園

 療養中じゅんちゃんも

 部屋の中や近所だけをぶらぶらでは

 気も滅入りそうな感じで、

 違う空気を吸わせて、

 違う匂いも嗅がせてあげたい。

 体が、しんどいかもしれんけど、

 様子を確認しながら、お散歩出発です。

 

 

■お散歩 番の洲公園

 場所:香川県坂出市番の洲公園5

 時間:散策自由

    (駐車場:6:00~21:00)

 見所:季節ごとの花々を楽しむ。

 近隣:瀬戸大橋記念公園

 f:id:wanwankazoku:20190608213651j:plain

 着いたです。

 『アジサイ祭り』をやってました。

 祭りですが、はそんなに多くないです。

 土曜日だからかな。

 の近くでは、

 父ちゃんのスリングにいるじゅんちゃんは、

 動かして、クンクン

 何か良い匂いがしますか。

 あれ!?匂ってたのに寝てるの?

 すごく眠気を誘う匂いでしたか? 

 f:id:wanwankazoku:20190608213716j:plain

 ななちゃんは単純にお散歩したい。

 花より散歩

 背後のは、見もくれず。

 走っていいよねッ!いいよねッ!』って。

 f:id:wanwankazoku:20190608213750j:plain

 動き方が全く違うから、

 じゅんちゃんは、トホトホとゆっくり、

 ななちゃんは、ダァーって、駆けっこです。

 別々に芝生広場で歩きました。

 じゅんちゃんは、どうも散歩終了の感じ。 

 f:id:wanwankazoku:20190608213810j:plain

 ばたん☆って、

 『疲れたです。もう寝るですよ。おやすみ。』

 じゅんちゃん無理はしないですよ。

 今日は、もう帰りましょ

 

 アジサイといえば、

 粟井神社の宮)に去年行きました。

 ワンコとの観光情報までに載せます。

 

関連HP:  

bannosu5.com

 

 

■お散歩 粟井神社(アジサイの宮)

 場所:香川県観音寺市粟井町1719-2

 電話:0875-27-8223

 見所:6月に咲く50種約3000株のアジサイ

 f:id:wanwankazoku:20190608213913j:plain

 が、咲き誇ってます。

 (以下、撮影2018.06)

 f:id:wanwankazoku:20190608213858j:plain

 道のいたるところにがあり、

 少し坂を上がり下がりはありますが、

 散歩と思えば、良い運動ができます。

 f:id:wanwankazoku:20190608213844j:plain

 三昧って感じです。

 f:id:wanwankazoku:20190608225238j:plain

 昭和60年頃から、

 自治などで植栽を始めたとのこと。

 いきなり3000株もは考えにくいし、

 『少しずつ』や『継続』的にを植えていき、

 今、この見栄える景色に至るまで続けるって、

 ほんとすごいなぁと思いました。

 継続は力なり。ですね。

 f:id:wanwankazoku:20190608213929j:plain

 昨年を見てもななちゃんは、

 花より散歩ですね。

  f:id:wanwankazoku:20190608225257j:plain

 6月に入りだんだんと、

 粟井神社

 見頃を迎えてくると思います。

 

関連HP:

www.city.kanonji.kagawa.jp

 

※素人のまとめなので、

 もっと詳しくはネットで検索お願いします。

 現在においては、情報に変更があるかもです。

 この話は、2019年6月と

      2018年6月に、

 お散歩をした時の思い出のお話です。

 

 ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

【わんこと旅】 (4月)春の京都へ!平成最後の4月。

◆春の京都へ

  それも、平成最後(2019年)の4月!

 

 平成最後を見に京都へ。

 

 時期が運良くたまたま合致して、

 ワンコの集会に参加させてもらい、

 そのまま帰るのは、もったいない。

 集会の後に足をのばして京都入り。

 

 

 まずは、いつもお決まりの場所。

お宿 『K-yard(ケーヤード)』

 京都での立地が大好きで、

 何するにも近くて、ごっつ便利だし、

 渡月橋とか観光地にもマジ近いっ、

 部屋にミニキッチンはあるし、

 徒歩1分に、食材調達するスーパーも。

 もしも、あなたが・・・

 あっ!靴下持ってくるの忘れてたッ!

 でも、お客様ご安心ください!!

 あのユニクロも徒歩1分にございます。

 コンビニも、何なら浴場も直ぐでございます。

 ここは、うちの家族にとって京都観光拠点

 まずは、ここを一番に検索し予定を立てます。

 

 ドッグランは、

 部屋から出て直ぐにあります。

 一つの部屋は直ぐではないですが、

 扉一つ開けるだけで直ぐとほぼ同じです。 

 

関連HP:

k-yard.com

 

 また、『東映太秦映画村もすごく近く、

 ココはペット同伴できないけど

 ペットと一緒に入りたいなぁ。

 昔は入れてた時もあったみたい・・・

 

 おぉーい!!

 少数のマナーもルールも守らない飼い主さん

 確かにうっかりもあるだろうけど・・・

 

 大多数の飼い主さんはちゃんとしており、

 ペットは家族で、いろんな所に連れて行きたい。

 

 施設側からすれば、ペットを受け入れれば、

 フン等の後始末してくれない場合があり、

 ペット同伴でないお客さんの不快な思いを、

 少しでも減らすほうが良いと考えるのが、

 当たり前で、そのことはよぉーくわかる。

 

 過去にペットを受け入れてくれてたなら

 ダメがあって同伴拒否になったんだろうけど

 もう一度、その頃とは変わってると、

 今の飼い主さん達を信じて入らせてほしい。

 やっぱりダメかなぁ・・・一緒に入りたい。

 

 f:id:wanwankazoku:20190607002034j:plain

 奥に見えるのが、あの『渡月橋』です。

 早朝は人が少ないから、良い良いです。

 ここに来たら、いつも早朝に来てます。

 一度昼間に来たことありましたが、

 すんごぉーいことになってました。

 道路がギュウギュウ満員電車の中みたいです。

 f:id:wanwankazoku:20190607235256p:plain

 早朝は、人も少なく景色独り占めです。

 観光地の近くに泊まるメリットですね。

 

 今日はつながりの『蹴上インクライン』へ、

 行きたいと思います。

 

関連HP:

enjoy-jp.net

 

 

■観光地(1)『蹴上インクライン

 場所:京都市左京区栗田口山下町~南禅寺草川町

 時間:散策自由

 見所:傾斜鉄道の跡地。

 見頃:桜並木があることから、咲く春です。

 近隣:南禅寺

  f:id:wanwankazoku:20190607002103j:plain

 お宿から30分ほどで到着です。

 ここも満開です。

 f:id:wanwankazoku:20190607234704j:plain

 時間はまだ早いのですが、すんごい人です。

 みんな写真をパシャリパシャリ

 これだけ人がいても、うまいこと撮るんだろうな。

 じゅんは、人がいっぱいで、抱っこ!のおねだり。

 f:id:wanwankazoku:20190607234728j:plain

 この近くに『祇園 白川』があります。

 ココは人が多すぎて、そちらに行ってみます。

 

関連HP:

kawaii-kyoto.net

  

■観光地(2)祇園 白川

 場所:京都市東山区末吉町

 時間:散策自由

 見所:平安時代から続く美しい街並みと白川。

 見頃:ソメイヨシノの名所。四季折々の景色 

 f:id:wanwankazoku:20190607234810j:plain

 あんまり離れてく直ぐに着きました。

 じゅんちゃんは、何か・・ジィーと見てます。 

 f:id:wanwankazoku:20190608092101p:plain

 巽橋(たつみばし)にも人がいっぱい。

 白川と古い街並みがみれて、古都京都を感じる。

 f:id:wanwankazoku:20190608092044p:plain

 ここは鴨川からの入り口ですが、

 鴨川も桜がたくさん見えました。

 同じく人もたくさん見えました。

 

関連HP: 

kawaii-kyoto.net

 

 

 今回の京都の旅は、春の三昧をしてきました。

 f:id:wanwankazoku:20190608002718j:plain

 2019年 平成最後の

 皆さんはどんなを目にしましたか。

 ななちゃんは、を見ながら感慨深げです。

 まだ、2歳ですが・・・

 ホンマになんか思っとるんかな?

 アレ食べれるかな?とかだったりして。

 

 

※素人のまとめなので、

 もっと詳しくはネットで検索お願いします。

 現在においては、情報に変更があるかもです。

 この話は、2019年4月に、

 京都旅行をした時の思い出のお話です。

 

 ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

【わんこの日記】 じゅんちゃんも12才。

◆令和元年6月1日に誕生日迎え12才に。

 

 じゅんちゃんは、

ただいま病気療養中

体重も10㎏から

7㎏台へかなり落ちてしまった。

 

療養前はフードファイターのごとく、

作ってる最中から察知し、うろうろだし、

できた食事を出すと、

バク爆バク☆と一気に完食

 

でも最近は、なんだか食欲なくなり、

寝てる時間がかなり増えました

 

動かすのもしんどいんだろうな。

 

ついに、あれだけ食べてたご飯も、

食べたくないって、嫌々を始めだし、

でも、食事は少しでもしなければ

栄養補給がなければ、体弱るだけ!

 

そこで母ちゃんが、あっ!とひらめいた。

細かく切り刻んだ固形物でもダメなら、

ペースト食を作れば、食べるのでは。

なんとか栄養補給せねば!!

 

以前に、毎朝スムージーとか言って買って、

しばらくして、全く活躍見なくなった

幻の『ミキサー』が今、を吹き返しました。

 

うぃーん!うぃーん!!

 

野菜牛乳を入れて、

 

うぃーん!うぃーん!!

 

でも、ここで疑問

同じような調理機材でも、

『ミキサー』と『フードプロセッサー

があるけど、がどう違うの?

うちは今『ミキサー』しかない。

作りたいもののイメージは水分の多い離乳食

じゅんちゃんが舐めるように、

ペロペロって食べる感じ。

スムージーっぽいから、

やっぱり『ミキサー』でいいのかな?

 

そんな時は調べよう。

フードプロセッサー』が良ければ、

電器屋さんにすぐに走ります。

 

調べた結果簡単にまとめると、

ミキサー』は、

食材水分混ぜることで、

食材粉砕し、液状に近い形ができる。

 

フードプロセッサー』は、

食材細かくし、ペースト状にできる。

刃を変えることで、

千切りや大根おろしやできるものも。

 

また、作るで考えた時には、

ミキサー』は、

単純に言えば、ジュースを作る。

フードプロセッサー』、

ハンバーグや餃子の具のような

練り物を作るのに適してるのかな。

なんか料理の下準備って感じ。

 

この結果から今回は、

フードプロセッサー』は、

購入しま・・・

     ・・・

      ・・・せん

 

食事には水分補給も大事で、

用途から考えたらならば、

ミキサー』が適材かな。

 

購入するとなると、

ミキサー』は、

単純選べそうだけど、

フードプロセッサー』は

色々用途替刃対応できて、

選択の範囲が広く悩みそう。

 

価格が高くなれば、

高性能で良いんだけれど、

使わなければ、高い買い物しても、

なんか宝の持ち腐れになりそう。

自分が思ってる使い方に応じて

決めるのが、やっぱり一番かな。

f:id:wanwankazoku:20190605232739j:plain

今宵は、『ミキサー』で作ったご飯を、

じゅんちゃん食べてます。

少し水分多め食事です。

じゅんちゃんしっかり栄養補給だぞ。

 

※素人のまとめなので、

 もっと詳しくはネットで検索お願いします。

 現在においては、情報に変更があるかもです。

  

 ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【わんこと旅】 北海道へ!Story.12(10日目:帰宅の途へ)

 ◆本当に帰宅の途へ

(10日目:ついに帰宅するのだっ。)

 

 ■お宿から出発。

 夜中、お宿に台風最接近

 窓は、ガタガタバチバチ

 には、通過して雨は止んで、天気回復

 高速道の通行止めは全て解除

 足止めは有りましたが、四国香川帰るです。

 f:id:wanwankazoku:20190604212345j:plain

 四国手前上陸です。

 ここは高速道路(兵庫県)の

 『淡路島ハイウェイオアシス(下り)

 ドッググランがあるですよ。

 ちなみに(上り)には、ないです。あしからず。

 でも、(上り)には、恋人の聖地があります。

 また、このすぐ近くに、

 『国営公園 明石海峡公園』もあります。

 ここはペット同伴できます

 敷地広く、花咲き、ほんと良い

 f:id:wanwankazoku:20190604212519j:plain

 あぁーあ!じゅんちゃんは、おおあくび

 長い旅疲れたかな。 

 ここまで帰ったら、もう少し帰宅だよ。

 帰る所があるから、ですね。

 いつもの寝床までもう少しです。

 f:id:wanwankazoku:20190604214513j:plain

 ついについに帰宅しました。

 結果、総走行距離『5236.6㎞

 長い旅終わりです。

 運転お疲れさまでした。父ちゃん。

 本当に本当に長かった

 じゅん・ななちゃんの、

 今、生活してる日本は、狭いようで、

 こんなに広く知らないトコいっぱい

 日本は、でっかいどぉ~!

 

 なにはともわれ、無事北海道終了

  疲れたけど、ほんと楽しかったぁ~♪

 このブログ(北海道へ!)長い旅

 お付き合いただきありがとうございました。

 

追伸・・・ 

 帰った時の安心感脱力感は何なんだ。

 無事帰宅した気持ちと、

 知らない土地での緊張感動の、

 繰り返しで少し疲れたかな。

 でも、父ちゃんかなった。

 じゅん(なな)を北海道

 

 そして、一緒に過ごした時間

 じゅんなな家族思い出として刻まれてる。

 

  

■旅のまとめ

1日目:★お宿『コテージホテル ショコラ』

2日目:観光01『神威岬

    ★お宿『ペンション亜留芽利亜』

3日目:観光02『宗谷岬宗谷岬公園)』

    観光03『屈斜路湖

    観光04『能取湖 サンゴ草群落』

    観光05『網走監獄※ペット同伴不可

    ★お宿『ホテル 知床』

4日目:観光06『知床五湖※ペット同伴不可

    観光07『オシンコシンの滝

    観光08『神の子池』

    観光09『摩周湖

    観光10『屈斜路湖(美幌峠)』

    ★お宿『阿寒湖温泉 ホテル山水荘』

5日目:観光11『阿寒湖(阿寒観光汽船)』

    観光12『ボッケ遊歩道』

    観光13『オンネトー湖』

    観光14『釧路湿原(細岡展望台)』

    観光15『愛国駅(愛国交通記念館)』

    ★お宿『中札内農村休暇村フェーリエンドルフ』

6日目:観光16『幸福駅(鉄道公園)』

    観光17『タウシュベツ川橋梁

    観光18『大雪山(銀泉台)』

    観光19『パッチワークの丘』

    観光20『白金 青い池(美瑛ブルー)』

    ★お宿『Land Mark』

7日目:観光21『展望花畑 四季彩の丘

    観光22『小樽運河

    観光23『さっぽろ大通り公園』

    ★お宿『洞爺湖温泉TOYA 乃の風リゾート』

8日目:観光24『登別 地獄谷』

    観光25『五稜郭公園』

    ★お宿『コテージホテル ショコラ』

9日目:観光26『わさおの家(きくや商店)』

    ★お宿『ファミリーロッジ旅籠屋

10日目:帰宅(香川県) 

 

※素人のまとめなので、

 もっと詳しくはネットで検索お願いします。

 現在においては、情報に変更があるかもです。

 この話は、2018年9月に、

 北海道旅行をした時の思い出のお話です。

 

 ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

【わんこと旅】 北海道へ!Story.11(9日目:青森から帰宅の途へ!?)

◆台風って何っ。おいおい!聞いてないよぉ~

(9日目:青森から帰宅するのだ。)

  

お宿から出発。

 昨日、北海道から青森へ。

 青森に向かう途中のフェリーで

 テレビを見てたら。

 『明日、台風上陸の可能性。』

 (꒪ꇴ꒪ (꒪ꇴ꒪ (꒪ꇴ꒪ ;)エエエッ?マジ?

 進路予想帰宅予定時間が、

 ほぼ同じ?ダメでしょ!

 

 まず先に、四国へ渡る橋の 

 瀬戸大橋明石海峡大橋が、

 強風で通行禁止!の可能性大。

 少々進路が変わったからって、

 四国へは渡れない

 

 台風向かって帰って行くし、

 これは絶対帰れん

 

 青森のお宿で、決意!

 

 できるだけ関西方面まで帰って

 お宿泊まり台風過ごす

 以前、高速道サービスエリアで目撃し、

 気になってたお宿があります。

 ペット同伴OKで、そしてお手頃価格

 なによりも全国にある、

 『ファミリーロッジ旅籠屋(はたごや)

 帰り道周辺のお宿を手当り次第に電話

 何度何度も断られ、ペット同伴部屋は、

 数が決まってるらしく、見つからない

 ヤバいよヤバいよぉ~。

 サービスエリアで車中泊かな。

 と思いながら電話をかけ続け・・・

 

 『大丈夫ですよ。予約できます

  台風でお客さんのキャンセル多くて、

  部屋空いてて、困っててね。

  気を付けて来てください。』

 

 なんかものごっつすごい感じよい対応で、

 『ファミリーロッジ旅籠屋(はたごや)

 で、台風をやり過ごすお宿決定

 

 その前に、せっかくなので『わさおの家』へ

 

 

観光地(26) わさおの家(七里長浜きくや商店)

 場所:青森県西津軽郡鯵ヶ沢町59-19

 時間:8:00-17:00

 休み:無休

 見所:ブサカワ犬 わさお

 f:id:wanwankazoku:20190603224942j:plain

 到着です。『わさおの家

 台風をやり過ごすため、お宿を早朝出発。

 あまりに早く着きすぎた。

 だれも居ません

 f:id:wanwankazoku:20190603224957j:plain

 テレビではよく見てましたが、

 ここに『まさおの家』があるんだぁ。

 海(川?)のすぐ横にあり、

 イメージしてたより、少し小さい印象。

 来てみないとわかんないもんですね。

 

 わさお宅はここまで、急いで『お宿』です。

 

お宿 ファミリーロッジ旅籠屋 ○○店

 ※断られてるお宿もあるので、

  ここは場所を伏せさせてもらいます。

  どこも申し訳なさそうに断ってたからの判断。

 f:id:wanwankazoku:20190603230417j:plain

 到着です。『ファミリーロッジ旅籠屋

 受付の人は多分ですが、昨日の電話の人です。

 すごく感じが良かった

 お二人は、お宿入室後に、

 夕飯を、ばくばく食べてます。

 台風はというと、もっか接近中。 

 高速道路は、予想通りの通行止め

 f:id:wanwankazoku:20190603231213j:plain

 本日は、ココで台風をやり過ごします。

 台風が来るまでもう少し先ですが、

 こんなに早い段階通行止めになるんだ。

 今後の教訓になりました。

 

関連HP:

www.hatagoya.co.jp

 

 

※素人のまとめなので、

 もっと詳しくはネットで検索お願いします。

 現在においては、情報に変更があるかもです。

 この話は、2018年9月に、

 北海道旅行をした時の思い出のお話です。

 

 ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

【わんこと旅】 北海道へ!Story.10(8日目:北海道の最終日だっ!)

◆北海道よ。さようなら

(8日目:ついに北海道での最終日だっ!)

  

お宿から出発。

 北海道での最後の朝。

 f:id:wanwankazoku:20190602210502p:plain

 洞爺湖の周辺を、お散歩。

 今日で終わりと思うと、なんだか寂しい。

 でも、まだ観光地は最後の最後まで巡ります。

 

  

観光地(24) 登別 地獄谷

 場所:北海道登別温泉

 時間:早朝~日没まで散策自由

 見所:自然の息吹:白い湯けむりと硫黄の香り

 f:id:wanwankazoku:20190602211757j:plain

 到着です。『登別 地獄谷』。

 湯けむりと独特の硫黄の匂い。

 ここは、観光客いっぱいです。

 看板前は、写真待ちになりますねぇ。

 f:id:wanwankazoku:20190602211832j:plain

 『鉄泉池』という間欠泉を見に行きます。

 なんか木でできた小道の先にありそう。

 f:id:wanwankazoku:20190602211944j:plain

 ぶくぶくと、言ってます。

 なんかお賽銭みたいにお金が見えますが、

 地獄の沙汰も金次第ってことでしょうか。

 閻魔様に悪いことを見逃してもらうって、 

 ダメダメでしょ。

 f:id:wanwankazoku:20190602211845j:plain

 車で、少し上がり『大湯沼』に来ました。

 池みたいな所が、ぐつぐつ。

 f:id:wanwankazoku:20190602211820j:plain

 すぐ近くの『奥の池』に来てみました。

 ここでも、ぐつぐつ

 地獄は、ぐつぐつですなぁ。

 

 次は、最後の観光地『五稜郭公園

 

関連HP:

noboribetsu-spa.jp

 

 

観光地(25) 五稜郭公園

 場所:北海道五稜郭町44

 開園:5:00~19:00

    11月~3月は、18:00閉園

 休園:無休

 電話:0138-31-5505

 見所:五稜郭タワーから見る星型公園

 f:id:wanwankazoku:20190602215300p:plain

 五稜郭タワーペットの同伴不可ですが、

 登りました。だって、見たいもん。

 じゅん・ななはすぐ近くの駐車場の車中。

 なんで星形なんだろう?って疑問。

 ネット検索をかけると納得。

 良く考えられてるなぁ。と思います。

 ここが箱館戦争の舞台となる歴史あり。

 f:id:wanwankazoku:20190602220739p:plain

 じゅん・ななも合流し、五稜郭公園へ。

 すごいカフカ芝生ななちゃん。 

 公園内は、多くの人たちが散策してました。

 f:id:wanwankazoku:20190602222344p:plain

 これが『箱館奉行所』です。

 歴史を感じる建物です。

 

 帰りのフェリーの時間もあり、

 のんびりゆっくりもできない。

 

 ついに、帰途の津軽海峡フェリー

 

関連HP:

www.hakodate-jts-kosya.jp

 

www.goryokaku-tower.co.jp

 

 

津軽海峡フェリー(帰途)

 f:id:wanwankazoku:20190602224229p:plain

 なんとか乗船時間には間に合いました。

 ついに北海道ともお別れです。

 じゅん・ななが北海道経験できて

 本当に大満足です。

 次にもう一度来る時があれば、

 もう少しゆっくりと旅をしたいかな。

 f:id:wanwankazoku:20190602224305p:plain

 北海道 函館ターミナルともお別れ。

 なんかにぎやかなお祭り終わった後の

 なんか寂しい気持ちになるねぇ。

 f:id:wanwankazoku:20190602224323p:plain

 じゅんちゃんから一言、ありがと。北海道。

 f:id:wanwankazoku:20190602224337p:plain

 ななちゃんからも、

 ちょっと疲れたけど、ありがとう。北海道。

 家族で来た北海道

 良い思い出たくさん出来ました。

 超ぉー距離があるだけに、

 次があるか、ないかわからんし、

 これが最初で最後になるかもだけど、

 また、北の大地 北海道へ!

 行くときには、また家族一緒でね。

 f:id:wanwankazoku:20190602224352p:plain

 夕日が落ちてく青森到着です。

 帰ってきた。ただいま。本州。

 本日は1日目の青森で泊まったお宿へ。

 『コテージホテル ショコラ』に泊まります。

 

 次回:おいおい聞いてないよぉ~!?

 

※素人のまとめなので、

 もっと詳しくはネットで検索お願いします。

 現在においては、情報に変更があるかもです。

 この話は、2018年9月に、

 北海道旅行をした時の思い出のお話です。

 

 ここまで読んでいただき、ありがとうございました。